若さを取り戻せる増毛という施術

自分の髪として自然かつ確実に生えてくる

盛りだくさん増毛に関するお役立ち情報をお届けしています。
ぜひとも当サイト「若さを取り戻せる増毛という施術」を参考にしてみてください。

 

自毛植毛の費用は施術費用だけを見ると、確かに高価です。しかし、ある事実がそこには隠されています。それは「初期費用だけで、自毛植毛はランニングコストがかからない」という事実に他なりません。
一度施術を行い髪が生えてくるようになれば、自毛植毛は基本的にその後の追加費用は必要ありません(プロペシアなどの育毛剤の服用・使用が術後も推奨される場合はあります)。

 

ランニングコスト

対して、カツラや増毛・育毛、そして人工毛植毛、使用の継続とそれに伴うランニングコストがいずれの場合も必要になってきます。メンテナンスや買い替えがカツラであれば必要で、育毛であれば薬剤の継続購入、そして人工毛なら植え替えといった具合です。自毛植毛というのは、10年や20年、あるいはそれ以上の長期にわたって薄毛の悩みを解消し続けるならば一番低コストであると言えます。

 

「毛根を自分の後頭部から移植し、自然かつ確実に自分の髪として生えてくる」。自毛植毛のこれこそが原理であり、最大の利点でもあります。つまり、右に出るものは「確実性」「自然さ」「快適性」のすべてにおいて、他にありません。

 

「費用が自毛植毛は高価」という理由で、施術することをためらっている方も多いかと思います。ある意味、それは誤解です。カツラやウイッグ、ヘアコンタクトなどの「装飾品」はもとより、トータルな生涯コストで考えれば、増毛や育毛、はたまた人工毛植毛と比べても、自毛植毛は一番安くつく方法です。

 

現在では増毛と呼ばれる薄毛対策が注目されており、効果的な施術を提供しています。
これは髪の毛だけではなく、その他様々な箇所の増毛もすることが出来るのです。