英語のために留学をする時は

img-1

既に社会人として働いている人の中には、業務を行う中で頻繁に海外の営業所などとコンタクトをとったり、お得意様やお客さんに外国人が多いという人もあるかもしれません。そのような場合に、英語が堪能であれば良いのですが、大学時代も英会話は得意ではなかった為に、会社ではいつも気まずい思いをしているというケースもあるでしょう。そのような場合には、思い切って留学をしてみる事も一つの方法です。


留学をして海外で生きた英語を学ぶ事により、会社帰りに数時間だけ英会話スクールに通うというようなものに比べて、何十倍もの効果があるからです。

教えて!gooの専門知識を身につけましょう。

しかし、留学をする時には英語圏ならどこでも良いという訳ではない事に注意する事が大切です。



これはどのような事を意味するかというと、同じ英語を話す国々の中でも、アメリカンイングリッシュと、ブリティッシュイングリッシュという、大きく二つのカテゴリーに分ける事が出来るので、自分はどちらの英語を身に付けたいのかを明確にしておく事がポイントとなります。
英語の分かる人が発音を聞けば、すぐにどの国で学んできたのかが分かるほど、大きな発音の違いがあるために、後で発音を変えようと思っても難しくなってしまうのです。

留学の情報はここで調べよう。

このような事も含めて、留学をする前には様々な側面からしっかりと考え、計画を立ててから渡航する事が重要であり、そのようにしっかりと準備をしてから行く事によって、現地に着いてからも余裕を持って学ぶ事が出来ます。

納得の事実

img-2

英語圏に留学をする時に候補としてオーストラリアを挙げる方は大勢居ます。その理由は、国家戦略として1980年代から積極的に外国人の学生を受け入れる事に注力してきたためです。...

more

基礎知識

img-3

留学から帰国すると、多くの人が英語をペラペラに話せると期待します。しかし1年くらい海外で暮らしたからといって、ネイティブ並みの英語力を持てるわけではありません。...

more

知ってる?

img-4

留学中に現地の友人を作ると、授業以外でも英語を使うので英語力がアップします。留学先では日本での自分のキャラクターを知る人はいないので、恥ずかしさを捨てて積極性を解放すると良いです。...

more

ミニ知識

img-5

留学するにあたってまず決めることが、自分の行きたい国や地域はどこかを決めることだと考えられます。そうは言っても留学できる国はたくさんあり学校の選択も多種多様です。...

more
top