留学後は英語がペラペラだと勘違いされやすい

留学から帰国すると、多くの人が英語をペラペラに話せると期待します。



しかし1年くらい海外で暮らしたからといって、ネイティブ並みの英語力を持てるわけではありません。

留学情報を選びました。

そもそも語学留学ではなく、文化に触れるのが目的だった人もいます。
周囲から過剰に期待されると、英語を聞くことや話すことがプレッシャーになり、せっかくの貴重な体験を台無しにしてしまいます。

Girls Channelの知識が一目瞭然です。

特にホストファミリーやクラスメイトとの間で使われる英語は日常会話なので、日本で勉強する文法や難しい単語の説明をするように求められても対応できないことが多いです。
実際の英語力と周囲が期待している英語力に溝がある時は、帰国後の努力によって克服するしかありません。

まず海外の友人が多いことをアピールします。
日常会話は留学中にある程度定着するので、さりげなく電話やメールで英語を使いこなしていることを見せます。


それほど英語を使いこなせない人は、海外に連絡を取り合う相手がいるだけで一目置くため、留学がムダではないと考えます。

そして誰にも知られないように、日本で覚えるべきとされる単語や文法の勉強をします。留学中には決して使わないものでも、日本では勉強のアドバイスをする時に役立ちます。


英検やTOEICなど英語力を示すテストを受けるのも周囲への期待に応えることにつながります。

スコアが出れば自分も英語力に安心して自信が持てるので、周囲から英語関係で期待の目を向けられても苦痛になりません。

top