留学先での友達作りのコツ

留学中に現地の友人を作ると、授業以外でも英語を使うので英語力がアップします。
留学先では日本での自分のキャラクターを知る人はいないので、恥ずかしさを捨てて積極性を解放すると良いです。

留学を成功させたい人に必見の良い情報をご紹介します。

いつもより声を大きくして大げさな身振りをすると、話しかけられる頻度が増えます。
日本人は元々声を抑えてリアクションも薄いのが当たり前になっていますが、海外では喜びや驚きを大きく表現するのが好まれます。
お行儀良くいようと控えめな態度をとっていると、引っ込み思案な人と判断されて相手はそっとしておこうと考えてしまいます。留学生であることは十分知られているので、英語が上手く話せなくても明るい性格を持っていれば友人関係を築くのは簡単です。自分からも積極的に話しかけますが、友人になれそうなタイプを探すのは止めます。

こちらのBIGLOBEニュース情報選びのお役立ちコンテンツ満載です。

選り好みをしないで様々な人に話しかけ、気が合えば自然と交流する機会も増えます。日本の友人のように、「次の授業はなんだっけ」「その服可愛いね」などフランクな話をして、勉強や国の文化など堅苦しいことから離れます。



少し仲良くなっている人とは、放課後に遊びに行って仲を深めます。

留学中は全てが勉強なので、宿題をするためにまっすぐ帰宅するのはもったいないです。一緒の体験をすることで思い出を共有し、友人の輪を広げます。
大学生や社会人であれば、お酒を飲みに行くのが一番簡単に打ち解けられます。

遊びや食事の誘いにはできるだけ参加します。


top